夜景観賞士検定

受験者必読!SPECIAL CONTENTS

スペシャルレビュー

夜景・イルミネーション9箇所のスペシャルレビュー

⽇本夜景遺産

日本各地に埋もれている美夜景の再発見&発掘、価値付与して紹介することで、観光資源としての夜景の存在をアピールする目的で2004年7月に発足。現在240箇所あまりの夜景スポットを夜景遺産として認定。

三⼤夜景ブランド

2012年10月5日に長崎ブリックホールで開催された「夜景サミット2012 in 長崎」において認定された世界を代表する夜景都市、香港、モナコ、長崎の3都市を紹介。

2015年10月、全国約4500人の夜景鑑賞士を対象に実施した投票結果を集計、長崎、札幌、神戸の上位三都市を『日本新三大夜景』と認定。

当団体では全国のイルミネーションの魅力発信を通じて業界全体の活性化を図るとともに、“イルミネーション戦国時代”と称される近年の集大成として、「日本三大イルミネーション」を決定。

2012年10月5日、「夜景サミット2012 in 長崎」において認定された関東を代表する冬期のイルミネーション「関東三大イルミネーション」。「あしかがフラワーパーク」「東京ドイツ村」「江の島 湘南の宝石」の3施設を紹介します。

2014年7月10日、全国約4300名の夜景鑑賞士のノミネート、審査を経て認定された新潟を代表する夏期イルミネーション「新潟三大サマーイルミネーション」。「いくとぴあ食花」「国営越後丘陵公園」「アパリゾート上越妙高」の3施設を紹介します。

全国約4800名の夜景観賞士のアンケート結果をもとに現地調査を経て、2016年10月14日、「夜景サミット2016 in藤沢」(第八回全国夜景サミット)において発表された「夜の美しい灯台ランキング」上位3施設を「日本三大夜灯台」に認定。

全国約4300名(2014年当時)の「夜景鑑賞士」の投票をもとに現地調査を経て、2014年10月10日の「夜景サミット2014 in北九州」(第六回全国夜景サミット)において認定された「日本三大夜城」の3施設を紹介。