夜景検定

「夜景サミット2012 in 長崎」は終了しました。
御参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

企画背景

 日本は他国に比べて夜に関する文化を古くから持っている国です。古今和歌集などの文学、月見台にみる建築、夜祭や送り火といった夜間行事の数も世界中で最も多い国と言われています。そして、現代。夜景を愛でるという夜景鑑賞も日本文化といってはばからないほど、鑑賞する資源となるスポットも鑑賞する人々も共に成熟してきています。ビジネスとしても年々夜間の観光の拡大、土地の新たな魅力発掘のため、夜景への期待は高まっており、今や、ホテル、旅行業、観光事業、交通、展望施設、不動産、エンタテインメント施設ほか様々な分野において、夜景はビジネスシーズとして注目され、活用されています。

企画主旨

「日本夜景サミット」は、日本全国における夜景観光活性化に尽力する行政、民間企業が一堂に会する場として初めて開催するものです。滞在型の観光資源としての夜景を、どのように活用し、どのような成果を残し、滞在型観光に結びついているか、そして地域活性化に役立っているのか等、「夜景観光」に関するあらゆる情報を担当者レベルで共有し、官民一体・新たな商品開発も含めたさらなる地域活性化の実現の一助を目指していくものです。2009年、2010年、2011年と開催した「日本夜景サミット」は、おかげさまで観光事業者の皆様には大変好評をいただきました。イン&アウトバウンド両面の夜景観光活性化へと拡大し、名称も「夜景サミット」と改称。本年は長崎に場所をうつし、長崎市と長崎県ご協力のもと最大規模で本サミットを開催する運びとなりました。
名称 「夜景サミット2012 in長崎」
目的 夜景の観光的価値の共有、夜景資源活用の事例共有
夜景資源による地域活性化を目指す担当者レベルのコミュニケーション
夜景鑑賞地の整備・保存情報の共有
各地連携における新たなる夜景商品造成の可能性の追求
イン&アウトバウンド両面における夜景観光活性化
主催 (社)夜景観光コンベンション・ビューロー・夜景サミット実行委委員会
共催 ぴあ株式会社
後援 長崎市、長崎県
開催日

平成24年10月5日(金) 12時00分開場、13時00分開演〜

開催地 長崎ブリックホール・国際会議場
スペシャルゲスト 夜景都市の市長も参加予定
聴講料

行政、観光事業者 :5000円(交流会&バスツアー費用込)
夜景検定認定者:3000円(交流会&バスツアー費用込)
一般参加:無料(聴講のみで交流会&バスツアーには参加できません)

参加者 夜景観光に従事するあらゆる行政、団体、大学、民間企業の他、マスコミ各社、夜景検定認定者、一般参加も含め約450名を予定
内容 <第一部〜サミットの部> 13時〜16時
開会: 開催の挨拶(長崎市・田上富久市長)※予定
STAGE1: 広がる夜景観光の現状(主催者代表理事・夜景評論家丸々もとお)
STAGE2: 基調講演「夜景観光都市を目指して」(長崎市)
STAGE3:

夜景資源活用法のケーススタディ
全国の行政、団体、民間企業等から選出した夜景資源活用事例について、担当者よりプレゼンテーションを行います。

STAGE4: 日本夜景遺産・2012年度認定地発表・授与式

<第二部〜夜景ツアーの部> 16時30分〜

STAGE5: 「ぐるっと!長崎夜景バスツアー」(長崎夜景バスツアー)

<第三部〜懇親の部> 18時〜20時30分

STAGE6: 交流会(稲佐山山頂展望台・ひかりのレストラン)

※なお、STAGE5及び6は観光事業者及び夜景検定認定者のみ 。
一般の方はサミット参加のみとなります。

協賛・協力 東京タワー、六本木ヒルズ「東京シティビュー」、カラーキネティクス・ジャパン株式会社、近畿日本ツーリスト株式会社、東京ドイツ村、あしかがフラワーパーク、空中庭園展望台、日本平ホテル、大阪府咲洲庁舎展望台、株式会社メビウス、スパークリングライツ株式会社、千葉ポートタワー、株式会社ヤマハリゾート つま恋、香港政府観光局、モナコ政府観光会議局
 
●本サミットへのご参加お申込み

行政、観光事業者につきましては、以下お申込書をご利用ください 。
※右のエントリーフォームではお申込みできません。
※参加費用は当日会場にてお支払いください。
※領収書発行可

事業者向け申込み書はこちらからダウンロードして下さい。 一般参加をご希望の方はこちらからエントリーしてください。
word形式 PDF形式 エントリーフォームへ