合格者の声

夜景検定の勉強が生涯に残る思い出に、
優れた夜景コンテンツを県庁から発信したい

鈴木 規章さん 自治体職員 1級合格
鈴木規章さん ■ 受験の契機
 私が勤める栃木県庁舎の15階展望ロビーからは、日光連山から富士山まで美しい夕夜景が一望できます。この素晴らしい眺望を多くの方に見てもらいたいと思っていた時期に夜景検定がスタート。その年に2級を取得しました。さらに、「県庁を日本夜景遺産地にできないか」「地域資源として夜景を積極的に活用できないか」との想いから、深く夜景の知識を学びたいと考え、翌年は夜景マイスターにチャレンジしました。

■ 勉強方法
 夜景マイスターにはオールジャパン+主要都市の詳細な夜景知識が求められます。夜景地の高さや歴史など、基本情報はお風呂の中で覚えました。さらに、鑑賞地の雰囲気や夜景の見え方など、より実際的な知識が必要だと考え、できるだけ夜景地に足を運んでは確認作業を行いました。具体的には、折りたたみ自転車で東京、横浜、大阪、兵庫を実査。東京では隅田川沿いやお台場、羽田周辺を縦横無尽に走りました。横浜では深夜の住宅地に迷い込み、寂しい思いをしたことも。兵庫では夜を徹して甲子園浜から元町まで丹念に確認して回りました。圧巻は信貴生駒スカイラインからの夕夜景。明石海峡大橋まで箱庭のように見え、生涯に残る思い出になりました。
■ 資格の活かし方
 人口減少時代にあって地域間の交流人口を増やしていくことは、地域の活性化にとって重要な課題です。「優れた夜景地は地域間交流の大きな資源」。私はこのように考えていますが、夜景鑑賞士の資格習得を通じて全国の優れた夜景地を学ぶことは、見る目を養い、地域の夜景コンテンツ発掘の上で大変役立つと感じています。私が所在する地域の場合、夜景と自転車やCAFE、大谷石など、他の地域資源との組み合わせによる新たな観光資源の創出に興味があり、仲間との勉強会などで情報発信を行っています。また、スカイツリーも望める栃木県庁の夜景遺産認定を目指し、多くの皆様に夜景を見に来ていただきたいと思っています。
ページトップ

不動産ディベロッパーの仕事を通じて、
夜も安全で賑わいのある魅力溢れた街づくりを目指したい

乙部 暢宏さん 不動産会社勤務 1級合格
乙部暢宏さん■ 受験の契機
 大学で建築・都市計画を専攻し、都市景観の観点から夜景の研究をしていました。当時は景観法が制定され、良好な景観が「国民共通の資産」と位置づけられました。しかし、夜景に関してはまだ研究が少なく、うまく計画し生かすことで「観光資源としてもっと活用できるのでは」と思い、日本建築学会にて論文を発表。私は街の特徴がわかる夜景が好きで元々興味があり、日本夜景遺産活動はかねてから知っており共感していましたが、夜景に関する検定があるということを耳にし、「これはぜひ!」という思いですぐに受験を決めました。

■ 勉強方法
 私が受けたのは第二回目の1級試験で過去問題などの情報もなく、まずはテキスト内容の習得に努めました。テキストのほかには、様々な写真集や情報誌から一つのスポットについて多角的に情報を集めました。実際に行ったことのない場所はイメージしにくいため、インターネットの地図に場所をプロットし、「どの場所と近いか」「周囲に何が見えるか」等、地理的な感覚を整理しました。この方法で文章の丸暗記にならずに答えを導き出すことができ、役に立ったと思います。
■ 資格の活かし方
 まず夜景遺産の情報をもとに、自分で様々な場所に訪れて夜景を体感したいですね。不動産ディベロッパーの仕事では、『夜景を構成する建物・街を作ること』『視点場となる施設を作ること』の両方に関われるため、計画段階から夜も安全で賑わう魅力ある街づくりを目指したいです。運用段階においてもイベントの企画や夜景の啓蒙など、夜景マイスターの資格を生かして何か新しい取り組みができるかを模索していきます。
ページトップ

周囲の反響が予想以上に大きく、
夜のデートアドバイザーとして定着

大束 類さん 航空会社グランドスタッフ 3級合格
大束類さん ■ 受験の契機
 神戸に生まれ育ち、夜景そのものがとっても身近で大好きだったので、これを機に更に知識を深めたいと思ったのがきっかけです。また、旅行が好きで旅の先々で有名なスポットへは足を運んできたつもりですが、まだまだ知らない場所や事柄が多いのでもっと学びだいと興味が湧きました。

■ 勉強方法
 やはり、テキストを毎日読む・眺める事です。写真は通勤時間に眺めていくうちに、自然と頭に入ってきました。また、近場は実際に足を運んでみました。実際の目で見て訪れた所はやはり鮮明に覚えるので、絶大的な効果があると思います。
■ 資格の活かし方
 仕事上旅行好きな人が周りに多く、それぞれの行き先を聞いてはアドバイスしています。また、神戸に遊びに来る人達にどの順序でどこからどう攻めていけばいいか教えてあげていきたいです。
 実際、検定を取った事が予想以上に周りの反応が大きく、お薦め夜のデートコースを聞かれるので、相手にあった夜景デートコースを提案するととても喜ばれてすっかり夜のデートアドバイザーが定着してしまいました。
ページトップ

観光資源の発掘と夜景スポットのPRによって、
自身が住む地域を活性化させたい

藤原 卓也さん 信用金庫勤務 2級合格
藤原 卓也さん■ 受験の契機
 私は信用金庫の職員として勤めており、地域密着型金融機関としてお客様の夢を支える仕事をしています。この仕事を始めてからは、「地域がより活性化するにはどうしたらいいか」と考えました。勿論、地元企業が利益を出すために経営を助けることが本職ですが、そのほかにも、「観光資源を発掘し、地域を助けることはできないだろうか」と考えていました。そんな折に夜景検定の存在を知り、自身も山上や車窓から眺める地元の夜景が好きであることから、受験を決意。また、自身が住む街の夜景スポットをPRすることで、地域に対するイメージと知名度のアップを図れると考えています。

■ 勉強方法
 まずはテキストを一通り読むことから始めるべきだと思います。現在登録されている夜景遺産から、自分が好きな概観や地元近くの夜景など、印象に強く残った場所を集中的に読み深め、徐々に日本全体へと広げていきました。実際に夜景遺産地へ行くことは厳しいと思うので、夜景写真から付近の有名な地形や歴史、建物などを関連付けて覚えるのもよいかもしれません。あとは記憶力との勝負なので、とにかく暗記できるよう、キーワードとなりそうな単語を繰り返しノートに書きました。
■ 資格の活かし方
 現在は夜景観賞士として、夜景の良さや鑑賞地を大勢の人に知ってもらうために声掛けをしています。夜景による集客効果を望むためには、まず地域に住んでいる人々が夜景に興味を持ってもらうべきであり、地道に活動していきたいと考えています。私の住んでいる地域では、まだまだ夜景遺産登録されている場所は少なく、夜景遺産地へ行くには相応の移動距離が必要なため、地元の夜景スポットを探し、夜景遺産に登録されるよう活動したいと思っています。
ページトップ

絵画をはじめ様々な切り口から
夜景の魅力を伝えていきたい

井上 晴雄さん 画家、ライター 1級合格
井上晴雄さん ■ 受験の契機
 私は「日本の旅」をテーマにした絵画の制作や記事の執筆などを行っています。以前から夜景を眺めることが好きで、全国の夜景名所に足を運び夜景の絵を描いてきました。そのようななか、夜景の「観光資源としての可能性」に着目し、深く知りたいと思ったことが受験の動機です。また、夜景の魅力を表現することで、ゆくゆくは地域の役に立ちたいと思いました。

■ 勉強方法
 私の場合、夜景の魅力をどのように絵画や文章で的確に表現できるかを探求しながら知識を深めていきました。テキストで紹介されている夜景スポットになるべく自分の足で訪れることも重視しました。合格点を取ることだけを考えれば遠回りな行動かもしれませんが、足を運ぶことは知識が単なる文字情報だけではなく、生きた知識として身に定着すると考えたからです。
■ 資格の活かし方
 夜景マイスターの資格取得後は夜景名所で個展を開催したり、旅行関連の紙面で夜景に関する記事を執筆する機会がありました。夜景には人々の心を癒し、明日への希望を与える力があると日々感じています。今後は夜景マイスターとしての活動の幅も広げながら、さまざまな切り口から夜景の魅力を社会に発信していくことで、地域の役に立たせていただきたいと考えています。
ページトップ

ヘリコプター遊覧に新たな商品付加価値として、
「夜景鑑賞士」在籍の遊覧飛行の商品化を目指したい

宮田 広志さん 会社員 3級合格
宮田広志さん■ 受験の契機
 勤める会社でヘリコプターを使用した遊覧飛行を実施しています。昼間の遊覧飛行もありますが、利用客の殆どが夜景を眺める遊覧飛行。その遊覧飛行の商品付加価値として「夜景鑑賞士」在籍の遊覧飛行を目指しました。

■ 勉強方法
 1回目ということで全く傾向が掴めず、テキストを熟読。また、テキストのコピーや切り貼りをして、個別の問題集を作成。基本的には自身で作成した問題集の反復練習です。
■ 資格の活かし方
 テキスト上では、自身も知らなかった夜景のウンチクから歴史まで幅広く記載されていました。今までは見るだけで楽しむ夜景を深く学べたことにより、知識をお客様に伝えながら案内でき、顧客満足に繋がっていると考えています。
ページトップ

夜景地を効率よく巡れるようになった、
解説付きの写真集を出すことが夢

石原 和紀さん 主婦 1級合格
石原和紀さん ■ 受験の契機
 高校生のころ神戸へ旅行に行き、生まれて初めてと言っていいほどの美しい夜景を目にして以来、夜景を見ることが好きになりました。夜景検定の存在を知り、全国の夜景地が詳しく書かれたテキストを一見。「これを覚えると家族と一緒に多くの夜景を楽しめるのではないか」と思い、あまり悩まずに受験する事を決めました。

■ 勉強方法
 これまで行ったことのある夜景地は頭の中に映像が湧いてくるため、イメージと詳細をリンクさせやすかったです。行ったことの無い夜景地はインターネットで検索し、訪れた人のブログを読んだり、写真があれば印刷してテキストに貼りつけるなど工夫をしていました。1級は地図を見て、「距離が近いか?」「歩いていけるか?」などの知識も必要なため、テキストに載っている夜景地すべての位置関係を把握しました。
■ 資格の活かし方
 今のところ、家族や友人を夜景ツアーに連れて行っています。夜景地の位置関係もばっちり頭に入っているため、効率の良い回り方ができています。また、テレビに綺麗な夜景地が出てきた際には「ここはどこ?」と聞かれ、答えられる事が多くなりました。今は子供が小さいので一人で夜景地を巡ることが難しいですが、ゆくゆくは沢山の夜景地に足を運び、効率良く夜景地を巡る解説付きの写真集を出すことができればいいなと思っています。
ページトップ

家族旅行の話題づくりに活用、
将来は今以上に幅広く知識を生かしたい

井上 聞多さん 中学生 3級合格
井上多聞さん■ 受験の契機
 私は受験当時、中高一貫教育校での中学3年生で中だるみしている時期でした。「何か検定試験でも受けてみようかな」と思い、色々と調べている時に出合ったのが夜景検定です。昔から夜景を見ることが好きで、ホテルに泊まった際は必ずと言っていいほど外を眺めていたような少年だったため、一目見て「これだ!」と思い勉強を始めました。

■ 勉強方法
 最初は公式テキストを購入し、ひたすら読みふけっていました。今まで知らなかった夜景スポットがたくさん載っているため、読んでいて飽きません。個人的には山上から見る街の夜景が好きで、あたかもそこにいるような気分になりました。本格的に勉強を始めたのは2週間ほど前で、学校の試験同様、マーカーを引いて名称を隠すなど、写真を見ただけで分かるようになるまで暗記。特に馴染みのない場所を覚えることは大変でしたが、何度も繰り返して頭に叩き込みました。
■ 資格の活かし方
 まだまだ発揮する場面は少ないですが、家族旅行では話題づくりとして近くのスポットを紹介しています。札幌テレビ塔に行った際には、割安で入場する特典を利用。将来は旅行やデートのプランニング、行き当たりばったりの旅、また仕事にも夜景検定の知識が生きてくると思うので、いまから楽しみです!
ページトップ

ゆくゆくは「夜景鑑賞士」として
新たな商品を開発、提案したい

宮坂 浩一さん 水上バス会社勤務 2級合格
宮坂浩一さん ■ 受験の契機
 夜景検定のことは、たまたま新聞で知りました。
私はいま営業及び商品企画といった仕事をしているのですが、旅行代理店の方やお客さまとお話をするのに、自分の会社の水上バスの経路や東京港以外の地域の夜景の話ができたらいいんじゃないかと思って受験を決めました。
 実際のところ、一昔前は、寒くて利用の少なかった12月がオンシーズンになってきているんですよね。クリスマスイルミネーションなど「綺麗な夜景を見るために」って、人々の関心が移っているようです。ですから夜景の勉強は直接仕事に結びつきそうですよ。
 私は社内で唯一の資格保持者ですし、そのうち夜景鑑賞士監修の航路mapなんかも作る計画を目論んでいます。

■ 勉強方法
 試験の勉強は、範囲が広いのでエリアに分けて覚えていきました。今日は東北、明日は関東、とか。自分で問題を出してwebで確認というのを繰り返しました。応募締め切り直前からの勉強だったから時間はあまりありませんでしたけど、それで合格できました。
■ 資格の活かし方
 今後は資格所持者で集まれる機会が欲しいなぁと思います。そうしたら業種を超えて夜景に関する旅行商品を作ることも、夜景に関する情報交換もできるんじゃないかと思うんですよね。そんな機会ができることを期待しています。
ページトップ

「夜景検定」が夜景観光活性化の
一助になることに期待

大山 恵一さん 旅行会社勤務 2級合格
大山恵一さん ■ 受験の契機
 今後の観光産業、とりわけ旅行業における責務は「地域を元気にする」ことです。これには、それぞれの地域が持つ観光資源に気づき、磨きをかけることがとても重要です。そういった目で見ると、夜景はいままで気づかなかった地域の隠された資産や、地域の人々と交流するきっかけづくりにとても有効なコンテンツだと思います。夜型観光というのは、その土地に滞在、宿泊するという必然性も高まりますから、その資源をもつ地域にとっても喜ばしい効果を生みます。そのような観点から地域活性のお役に立てるかもしれないと思い受験を決めました。

■ 勉強方法
 とにかく通勤時間や祝日に、テキストを読むという勉強をしましたが、テキスト自体が読み物として面白かったです。しかし夜景写真と情報のマッチングが出題されるだろうと思うもののマニアックな情報すぎて(笑)なかなか覚えるのが大変でした。モノクロの写真はホームページでカラー写真を確認したりもしましたね。
 しかしそれも、もともと夜景が好きだったので興味深く楽しめましたよ。
■ 資格の活かし方
 今後の旅行業にとって、ありきたりの情報のみならず、お客様にとってより希少価値が高い情報提供が必要ですので、今後、夜景検定が広く世間に認知され、資格効力を強まることをとても楽しみに思っています。
ページトップ

検定合格者による夜景ツアーを組み、
展望台の課題解決を目指したい

金子 康一さん 展望台運営会社勤務 3級合格
金子康一さん ■ 受験の契機
 六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」のスタッフの運営業務をしています。今回、団体受験という機会を得て、展望台スタッフ総勢28名で受験しました。展望台で働いているということがきっかけですね。

■ 勉強方法
 実は覚えようと思ったのは試験の前日なんですよ。それまでは読み物として3週間ほど、職場への行き帰りの電車の中で読んでいた感じです。実際展望台で働いているので、「他の展望台ではどんな取り組みをしているのかな」という興味もありましたし、自然と頭の中に入ってきました。
 ただ一番苦労したのは「神戸の歴史年表」でしたね。この中からどのような問題が出るのか分からなくって。横浜が地元だったので、横浜だったら楽だったなあと思って(笑)。
■ 資格の活かし方
 これまで展望台の案内業務等が主体でしたが、今後は検定の合格者による「夜景ツアー」を組みたいと思っています。特に当展望台は東京のど真ん中という立地ですので、それを生かしたオリジナリティある御案内を目指ざしたいです。というのも、当展望台は入口に近いところに東京タワーが見えるため、そのスペースに来館者が集中したり、東京タワーだけを見て帰ってしまうという課題もあります。新宿方面など360度の夜景が存分に楽しめるのですから、検定で学んだ事を生かして、東京タワー以外の夜景もしっかりと楽しんでもらえるようしたいです。
 また、「あれが何だよ」というようなランドマークの解説だけではなく、その街の歴史や背景等を語りしながら、観光客の方が地元に帰ってから話せるネタになるような魅力をしっかり伝えていければと思っています。
ページトップ

細かく正確に覚えることが重要
今後は夜景に関わる仕事がしたい

平木 友三郎さん パート社員 1級合格
平木友三郎さん ■ 受験の契機
 私は好きな夜景を知識を得て鑑賞したいという想いはもちろん、1級を取得し、日本夜景遺産のノミネートや投票等、『日本の夜景』に関する様々な取り組みや仕事に携わりたいと考え、今回の受験に至りました。初めての受験でしたが、全国でも数少ない「夜景マイスター」に私自身もなりたいという意気込みが受験の励みにもなりました。

■ 勉強方法
 まずはテキストを隅々まで細かく読む事を始めました。開業日や展望台の高さ、営業時間や取り組み等、細かく正確に覚える事が重要なため、夜景地の公式サイトや写真を閲覧。その夜景地に訪れたような気持ちになることで、知識として身に付きやすくなりました。1級のツアープランニング問題では、夜景遺産地以外の夜景地情報はもちろん、各所の位置関係や距離間隔を知る事が重要です。独自に地図を作成し、距離の把握や時間帯による夜景の移ろいを考えながら、良いコース作りになるよう勉強しました。1級はどの分野も欠かさず知識を身につけることが重要ですね。
■ 資格の活かし方
 将来は自ら夜景の企画や運営に携わるべく、夜景地に訪れた際は集客に繋がるような企画を考え、夜景に関するボランティア活動に参加するなど、夜景マイスターとして様々な観点から目を向けて日々努力しています。毎年の新規日本夜景遺産へのノミネートや投票も夜景マイスターならではの活動です。多くの方々に新しい夜景を知って頂きたいという想いを胸に、自信を持って夜景マイスターとして活動していきます。
ページトップ

「もっとお客さまのために!」
夜景の知識が増え、仕事に対する意欲も上昇

川崎 史絵さん 展望台勤務 3級合格
川崎史絵さん ■ 受験の契機
 職場の上司に「受けてみない?」といわれたのが受験のきっかけで、すごく軽い気持ちで決めたんですが、テキストを読んでいたら自分の勤めている職場のことも出てきて、だんだんはまっていきました。家でも「ねぇ、知ってる? 家の灯りひとつも夜景なんだよ」「東京タワーの色が、この時期この色なのは〜」なんて話してみたり(笑)。勉強していくうちに、会話に夜景の話題が増えたのが嬉しかったです。もちろん仕事的にもランクアップできたらいいなぁと思っていました。

■ 勉強方法
 試験勉強は、わからない部分を書き出したり、やっていくうちに高校時代の勉強法を思い出して楽しみながら取り組めました。会社でも、取締役が自ら試験対策講座を開いてくださったので、受験をきっかけにスタッフみんなの団結力が高まりました。
■ 資格の活かし方
 直接資格が役に立っているわけではありませんが、景観に対してとても興味を持つようになれたので、お客さまへのご案内にも積極的に「もう間もなくあちらに夕日を背景にした富士山をご覧頂けます」なんて言葉をかけられるようになりました。
 今後、はとバスなんかの夜景ツアーに自分がお客さんとして参加して、お客さまの立場に立って夜景を伝えられる言葉を持てるようになりたいと思っています。
ページトップ

自分なりに出題ポイントを絞り込み、
試験問題を予想しながら対策を

近藤 智子さん 旅行会社人事部勤務 3級合格
近藤智子さん ■ 受験の契機
 今回は社内からの案内により、夜景検定を知りました。人事部ですので、旅行商品を造成するなど直接的に旅行に携わっていませんが、業務に関係ありそうな試験はこれまで受けていましたし、高い場所が好きでいろいろと全国の夜景を見てきましたので、ぜひ受験してみたいと思うようになりました。

■ 勉強方法
 検定の勉強はまずはテキスト読むことから始めましたね。電車の中とか家では入浴中とか。そして試験当日の少し前から集中的に読み込むようにしました。ヤマをはるのは難しいのですが、自分なりにここは出そうだなというポイントを絞り込んだり、書き出したりしながら、試験問題を予想しながら進めてきたことが一番役立ったと思います。自分ではかなり真剣に取り組んだなあ、と思っています。
■ 資格の活かし方
 合格後は、プライベートでは旅行が好きなので、テキストをガイドブックにするなど、全国へ行く際には活用していますね。また、仕事のお客様にご案内が必要な時も、「この都市にはこの夜景がありますからぜひ」といったように薦めたいと思っています。
ページトップ

卒業論文のテーマに
「夜景」をつかって将来、観光商品の企画を

山田 あゆみさん 大学生 3級合格
■ 受験の契機
 夜景がもともと大好きで何かに生かせたらいいなと思っていましたので。また、就職試験の際にアピールできると思いましたので受験を決めました。

■ 勉強方法
 テキストでしか勉強はしていないですね。載っている(夜景の)写真がどこの夜景鑑賞地なのかをしっかりと理解して試験に臨みました。
■ 資格の活かし方
 大学の卒業論文のテーマが、「夜景と観光のかかわりについて」なので、(学んだことが今後)知識として生かせると思います。将来、観光業において滞在型観光促進のために夜景は注目されると思いますので、そういった観光商品の企画などに関わっていく機会があれば、生かせると思います。
ページトップ

全国レベルの知識を学び、
「光のまちづくり」をさらに活性化したい

北野 剛人さん 電力会社勤務 2級合格
北野剛人さん ■ 受験の契機
 大阪に本店がある電力会社に勤務しており、学識者、地元行政、諸団体、企業、市民の方々などと共に「大阪・光のまちづくり」を進めています。
 夜景や建物のライトアップ、光をテーマにしたイベントなどについては、それまでは自分たちのすぐ近くの情報、知識しかありませんでしたが、本検定をきっかけに、全国の夜景や光のまちづくりについての知識をもっと高めようと考え、受験しました。
■ 勉強方法
 2級、3級併願で受験しましたが、それまで私自身に夜景に関する知識がほとんどなく、検定試験は初年度で過去問題もなかったので、とにかく公式テキストを読むだけでした。結果的にそれが良かったと思います。試験では、テキストに示された写真の細かい解説文の内容なども出題され、当日は一瞬戸惑いましたが、何とか合格することができました。これから受験される方々には、「公式テキストを隅々まで丁寧に何度も読み返すこと」をお勧めします。
■ 資格の活かし方
 今年度から私は、大阪の光のまちづくりを進めていく集まりである「光のまちづくり企画推進委員会」のまとめ役を務めさせていただくことになりました。検定合格に力を得て、今後、「光」によるまちづくりをさらに活性化して、大阪が「世界に誇れる光のまち」に発展するよう、関係者の皆様と力を合わせて努力していきたいと思います。また、私自身が全国の夜間景観についてもっと知り、それらの推進団体との交流なども行っていくと共に、多くの方々が本検定をきっかけに夜間景観への関心を高められ、大阪ばかりでなく日本全体がハイセンスな光を放っていくことを期待しています。
ページトップ
お問い合わせ先
夜景検定運営事務局
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー内